太りたいのに太れないのは自律神経が原因?解決するある方法!

太りたい 自律神経

本当に太ることができない体質で、昔から困っていました。

世の中はみんな痩せたい痩せたいと言っていますが、
私の場合は太りたいと思っていました。

太りたいと言うと周りの人からいつも不思議がられますが、
ガリガリすぎてほんとに自分で体つきを見てもぞっとするほどガリガリなのです。

そのためにとにかく太りたいと考えて、そのために食べる量を増やしたり、
1日4食にしてみたり、間食を増やしてみたりするものの、
体重が全く変わらなくて、太れずに終わってしまいます。

太るための努力はしているのですが、太ることができません。

ガリガリの体型のために、異性から弱々しく見られてしまいまし、
恋愛対象に見られないことが多くなってしまいます。
そしてそれが自分の自信のなさにつながってしまいます。

もう少し太っていれば自分にも自信が持てますし、
異性に対しても、自信を持った対応できるとは思うんですが、
とにかく頑張って太ろうと思っているのですが、太ることはできません。

太ることができない理由として、食べる量が少なかったり、
筋トレをすれば太れるのかということを聞けば筋トレをしてみたり、
プロテインが良いと聞けば、プロテインを飲んでみたりするものの、
全く効果はありません。

いろいろ調べてみると、胃腸などの消化吸収が良くないのではないかと思ってきました。
そこで色々胃腸の状態を良くするために調べていくと、
自律神経の乱れが胃腸の働きを悪くしているということを見かけたのです。

胃腸の消化が悪いと胃の消化は悪く消化をうまくできませんし、
腸の状態が悪いと栄養を十分に吸収できなくなってしまいます。

胃腸の働きを悪くする原因としてはストレスから胃腸の働きが悪くなってしまい、
自律神経が乱れてしまうことによって起こってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする