鼻の角栓を毛抜きで抜くのは毛穴に大丈夫?意外な落とし穴が…

角栓が詰まっていることが多くて小さい頃から気にし続けてきました。角栓をどうにかしようと思い、気になっていろんな方法試してみましたが、すぐに角栓はできてしまいまし、やり方によっては肌が荒れてしまうなんてこともありました。

特に角栓を広げてしまう原因となったのは、鼻パックなどは角栓を広げてしまったように思います。

あれをして角栓がぴっちり取れて気持ち良くて爽快になるものの、その毛穴が広がってしまったり、毛穴が大きくなってしまうことにつながっていました。

そして次に気になる角栓を取るためにピンセットを使って撮っていたのですが、これは実際のところどうだったのでしょうか。

角栓を無理やり取ってしまっているのは同じことなので、実際どんな影響があったのかを調べてみました。

角栓を実際に取り除くことはできますが、ピンセットでとったとしても取ることはできるものの、その後に肌を傷つけてしまったり、炎症起こす可能性があります。

よく時はするっと抜けているような感覚はありますが、実際のところ毛穴を無理やり広げて入っている角栓を抜くわけですから毛穴自体は広がってしまいます。

さらにピンセットでつか本するとピンセットの先が鋭いためにそれによって鼻の毛穴が傷つけられてしまうこともあります。

実際に行くと気持ちいいのですが、場合によっては炎症起こしてしまうこともあります。さらにはそのまま穴が空いた状態を放置しておくとそこから雑菌が入ってしまい汚れが溜まってしまうとニキビの原因にもなりかねません。

角栓驚いたのはいいけれども、ニキビができてしまっては元も子もありません。きれいにしているつもりで逆に悪化させてしまっています。

毛抜きやピンセットで抜くのはいいのですが、悪化させてしまっては元も子もありません。

ではどのように解決していけばいいのか?
手抜きで泣いたりピンセットで泣いたり毛穴パックで角栓を無理やり抜くという行為はやめたほうがよいです。

よくしようと思っているつもりでも、無理やり角栓を向いてしまい、ニキビの原因になったりさらに毛穴を拾えてしまうという行為になりかねません。

そうならないために有効な方法としては、洗顔をしっかりすることや、ソワンという毛穴専用の化粧品を使うことをおすすめします。

ソワンを使うことによって毛穴の広がりを抑えられますし、黒ずみや角栓ができることを抑えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です