小鼻の黒ずみを綿棒オイルでやる方法は有効?更にオススメの方法が

鼻の小鼻の角栓がとても気になりますね。

毛穴パックを使ったり、
毛抜きで無理やりとったり、
鼻の小鼻の毛穴に負担をかけてしまうことで、
逆効果になってしまうこともあります。

しかし角質がどんどんたまっていき角栓になり、
それがよごれていき黒ずみになり、
汚い状態でファンデーションで無理やり隠し、
さらに詰まる原因になるという悪循環に陥っていませんか?

そうなってしまうと、鼻の小鼻の角質はどんどん貯まる一方で、
汚くなっていく一方です。

小鼻にダメージを与えずにキレイに除去する方法はないのでしょうか?

そこでオススメなのは
綿棒での角栓ケアになります。

鼻の小鼻の角栓をとる綿棒の角質ケアとは?

綿棒とオイルをつかい
鼻の毛穴に残り詰まった古い角質や皮脂を取る覗いてしまうのです。

角栓を押し出しオイルで角栓を溶かすことによってキレイになります。

角栓の毛穴を無理に押し出すものだと、毛穴をさらに広げて、
新しい角栓がまた詰まったり、毛穴が広がりっぱなしになります。

そうならないための方法として角栓ケアでオイルを使います。

オイルが皮脂に近いために染み込んでいき、
古い角質を剥がし毛穴を柔らかくする成分により
角質がでやすくなります。
さらに保湿成分があることによって、
肌をケアしてくれます。

お肌に負担がかからず角栓がとれるのでとても良いです。

綿棒オイルの角質ケアのやりかた


蒸しタオルなどで毛穴を開いた状態でやるのがよいでしょう。

綿棒にオリーブオイルをたっぷり染み込ませて試します。

綿棒で小鼻をマッサージするようになでていきます。
綿棒を横に倒して角栓のあるばしょをくるくるまわしていき
撫でるようにしていきます。

綿棒の滑りが悪いなと感じたら、直接オイルを塗るのも良いでしょう。

これをやっていくと、角栓が徐々にとれてきます。

洗顔

ゴシゴシ擦るように洗わずに、
泡で洗うようにしてオイルを落とします。

1度で落ちなかったら2度洗をして落とします。

オイルが顔に残ることで肌トラブルになりかねないので
しっかりオイルをとりましょう。

冷たい水で顔をすすぐ。

角栓をとった毛穴をキュッととじこめるために冷たい水で洗います。

保湿ケア

綺麗なタオルで余分な水分をとり、
保湿化粧水や美容液で保湿ケアを行っていきます。

綿棒の角質オイルケアもよいのですが、
根本的な解決にはなっていません。

角質をとるだけとっても肌の状態は変わっていないので、
また角質がつまってきます。
それを解消するためにソワンを使うことで、
肌の状態を良くして毛穴自体がキレイになっていきます。

無理に角栓をとるだけだと、
長期的にダメージが残っていきます。

それでしたら、
長期的に良い循環をしてくれるソワンを使い
ケアをすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です